チャップアップの効果ってどうなの?本当に効果があるの?って不安に思っている人のために、このページではチャップアップの効果とその効果を劇的に向上させる方法を紹介していきますね!

知らないと損!チャップアップの効果を劇的に向上させる方法まとめ

抜け毛 多い ハゲない

抜け毛 多い ハゲない

抜け毛が多いけどハゲない?セーフな抜け毛とダメな抜け毛の違いとは

更新日:

抜け毛が多いけどハゲない?セーフな抜け毛とダメな抜け毛の違いとは

チャップアップ専門家
抜け毛多いけどハゲない?ってどういうことでしょうか。抜け毛にもセーフな抜け毛とダメな抜け毛があるんですね。抜け毛が増えても諦めずに抜け毛の原因を把握してしっかりと対策していきましょう!

ダメな抜け毛の対策には「チャップアップ」が正解!>>

抜け毛が多いからってハゲるわけじゃない!

抜け毛 多い ハゲない

髪がどんどん抜けていくのは男にとってこのうえない恐怖ですね。

でも間違えたらいけないのは「髪は毎日結構な量が抜けている」ということです。

日本人の成人男性が一日に抜ける平均本数は50本から100本と言われています。

でもこれはあくまでも平均値なので、中には一日200本抜ける人もいます。

100本以上抜けてたとして、以前が50本以下ならやや黄信号ですが、若い頃からずっと100本以上抜けてるならそれは問題ないということなのです。

抜け毛自体はそこまで深刻なものでもない

ハゲや薄毛に悩む人にとって抜け毛を減らしたいというのはまさに心から望む課題です。

  • 朝起きたら大量の抜け毛が枕にペッタリと付いていた
  • 頭を掻くだけでいつも髪がパラパラ抜ける

自分がハゲてきているかなと今まさに危機に直面している人ほど、これらの事例に更なる危機感を感じ、深いため息を日々ついていることでしょう。

ただ、まず押さえておきたいのは、「髪は抜けないと生えてこない」ということです。

髪は一定期間成長したあと自然に抜けて、しばらくするとまた同じところから、ほぼ同じ量の毛が生えてくるということを繰り返しています。

抜け毛があるからこそ新毛は生える、ということですね。

抜け毛自体は怖いものでも深刻なものでもないのです。

普通の抜け毛はハゲない(セーフな抜け毛)

髪は一定期間成長したあと自然に抜けて、しばらくするとまた同じところから、ほぼ同じ量の毛が生えてくるというサイクルで髪の毛が生えて抜けるなら、当たり前ですが、すべての髪の毛は「抜け毛」になるはずですよね。

でも抜け毛があるのにハゲてないのは、髪の毛が生えるサイクルが、毛根ごとに違うために伸びる毛、抜ける毛、生える毛がそれぞれあるからなのです。

ですので、寿命を終えた毛が抜けて「抜け毛」になったとしても、すぐにハゲるという事はないのです。

この抜け毛はハゲるよ!(ダメな抜け毛)

では、ハゲる危険性のあるダメな抜け毛とは何でしょう?

それは、「生えたての毛の抜け毛」です。

生えたての細く短い毛は、どんどん太くなって成長していくべき毛なのですが、それが抜けてしまうとどうなるでしょう?

本来、髪の毛として成長しているはずのものが、抜けて無くなっているわけですから、どんどん薄毛になっていき、ついにはハゲてしまうのです。

もちろん、このような若い毛が抜けてしまう状態ですから、太い毛が抜けやすくなる事もありますが、若い毛が抜ける状態であれば確実に良くない状態であると言えますね。

ダメな抜け毛を増やさないための育毛剤「チャップアップ」はこちら >>

セーフな抜け毛・ダメな抜け毛の調べ方は?

抜け毛 多い ハゲない 調べ方

実際に、ハゲになってしまう抜け毛があるかどうか、ダメな抜け毛を調べる誰でもできる簡単な方法です。

髪の毛の色が黒い方の方が分かりやすいですね。用意するものは、白い紙1枚です。

白い紙を机やテーブルにおいて、その上にかぶさるように頭を軽く掻いて髪の毛を落として下さい。激しく、掻きむしる必要はありません。

シャンプーするより優しく、頭皮を軽く払う感じで大丈夫です。

そうすると髪の毛が何本か、白い紙の上に落ちている事がわかると思います。

その髪の毛を観察して下さい。

しっかりした太さで、短かすぎないものが大半なら、あなたの髪の毛は健康な状態と言えます。

反対に、細く短い髪の毛が混じっていれば黄色信号、大半が短い毛ならヤバイ状態と言えます。

髪には成長期と休止期があるって知ってた?

抜け毛 ヘアサイクル

髪の生え変わりの現象を「ヘアサイクル(毛周期)」と呼びます。

ヘアサイクルは年齢、性別などによって多少違いますが、男性では3~5年 女性では4~6年もかかって成長します。

その後、成長が止まって自然に抜ける準備をする期間が2~3週間あり、これを「退行期」と呼びます。

完全に成長しきると「休止期」に入りこれが2~4ヶ月続くことになります。

その後、また新しい毛の成長が始まると、古い毛は自然と抜けていきます。

髪の毛が生え始めるときは、委縮していた毛乳頭が再び成長を始めて、さまざまな成長因子などにより再び活性化されて、毛母細胞も再び作られ、表皮側に向かって新しい毛を作り始めます。

新毛の成長が始まると、休止期でとどまっていた古い毛は押し出される形で脱毛し、新毛は皮膚の表面に出てくるといった仕組みです。

メモ

※毛乳頭とは:髪の毛の根元部分である毛球(もうきゅう)の先が内側に凹んだ部分にある組織
※毛母細胞とは:毛乳頭周辺の細胞組織


ダメな抜け毛の対策にはチャップアップが正解!

「毛を育てる」

厚生労働省が認めた育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」薄毛、抜け毛、若ハゲ、生え際、頭頂部、つむじ、他育毛剤使用での副作用、AGAなどへの通院はしたくないなどのお悩みがある方は是非、100%無添加・無香料で安心のチャップアップで解決してください。

全額返金保証!永久返金保証書付き 最大32%割引 送料無料

新しい毛をいかに育て、増やすかが育毛のカギ!

抜け毛は新しい毛が生えるためにはどうしても必要になりますが、病気や遺伝、体質や加齢などの影響を受けてヘアサイクルか乱れるとと抜け毛がさらに増えてしまいます。

ヘアサイクルの終わりにきた髪は1日50~100本程度抜け落ちていくので、この程度の抜け毛なら自然脱毛でほとんど心配したり悩んだりする必要は全くありません。

また個人差があって、なかには200本も抜ける人もいますが、だいたい1日100本以上髪が抜け落ちていくなら、何らかの原因でヘアサイクルが狂ってきたシグナルと思って間違いないかもしれません。

つまり、薄毛や抜け毛の対策、予防をしていくためにはこのヘアサイクルを正常に保つことも大事ですが、新しく生えてきた毛をいかに大切に育てるかが重要になってきます。

抜け毛の本数よりも「毛根の状態」が重要

抜け毛は常に抜けている状態であったり、抜け毛の本数があまりにも多ければ問題ですが、一番大事なのは「抜けた毛の毛根の状態がどうなっているか」ということです。

なので、抜け毛をチェックしてみましょう。

抜け毛 多い ハゲない

正常な抜け毛は毛根の部分がふんわり膨らんでいて丸みを帯びていますが、一番危険なのは毛根がほとんどなくて細くなってしまっている状態です。

チェックしてみた結果、もし先が尖っていたり、ほっそりしている状態が多かったりしたら毛根自体の力が弱まっている証拠ですので、まずはそこに注意してください。

もしそんな毛が多い場合は真剣に育毛を見直す時期に来ているということでもあります。

一日50~200本の抜け毛はがセーフな抜け毛

髪の毛は、全てが同じヘアサイクルで成長しているわけではありません。

そのため、休止期で抜け毛となるタイミングも1本1本違います。

個人の毛量にもよりますが、通常一日に50本~100本ほどの抜け毛があると言われています。

また髪の抜ける本数には、個人差や季節による違いがありますから、200本以上抜けている場合でもヘアサイクルの乱れは疑ってみる必要はありますが、だからといって薄毛になるとは言い切れないのです。

抜け毛に大きく関係するのは毛根?

抜け毛 毛根

毛根とは頭皮の中にある髪の毛の部分のことを言います。

「髪の毛の根本にある膨らんでいる部分」を毛根と思っている人も多いようですが、髪の毛の根元部分は毛球(もうきゅう)と呼ばれており、毛母細胞と毛乳頭からできています。

毛母細胞とは毛球の先が内側に凹んだ部分にある組織、毛乳頭周辺の細胞組織のことで、毛乳頭から栄養素や酸素を受けとり、細胞分裂することで髪の毛をつくりだします。

また、毛根の根本部分(毛球)にある白い付着物は、毛根鞘(もうこんしょう)と呼ばれる髪の毛と頭皮を接着しているものです。

このように毛穴の中にあり、外に出ていない髪の毛の根っこ部分は全て毛根であり、毛根鞘・毛球も毛根の一部と言えるのです。

毛根の状態で薄毛の危険度がわかるってほんと?

一日に200本以上も抜け毛があるという人は、毛根の根本部分「毛球」の状態を確認してみましょう。

実は、自然脱毛の場合の毛根と、異常脱毛の場合の毛根には違いがあるのです。

正常な自然脱毛の毛根はふんわり膨らんでいて丸みを帯びていますが、異常脱毛の場合毛根がほとんどなくて細くなってしまっている状態になっています。

チェックしてみた結果、もし先が尖っていたり、ほっそりしている状態が多かったりしたら毛根自体の力が弱まっている証拠ですので、注意してください。

異常な毛根の影響で抜け毛につながる5つの原因

チャップアップ専門家
異常な毛根や異常脱毛が起きる背景には、何らかの原因があります。ここでは5つの原因を見ていきます。まずは自分の抜け毛・異常な毛根の原因をよく把握しましょう。

抜け毛につながる原因①:栄養不足

毎日の食事からきちんと栄養が摂取できていないと毛根に必要な栄養が不足します。

毛根が栄養不足になると、健康な髪の毛を作り出せず薄毛の原因になります。

日頃からバランスのとれた食事を心がけましょう。

抜け毛につながる原因②:血行不良

ストレスや喫煙、運動不足などによって引き起こされる血行不良も、抜け毛や異常な毛根の原因となり得ます。

髪が生えて育つには、「栄養」や「酸素」が必要になってきますが、頭皮が血行不良になると栄養や酸素が毛根部に届きにくくなり、その結果、薄毛になってしまいます。

血行不良を改善するためには、適度な運動や育毛剤の使用がおすすめです。

血行不良を解消するおすすめの育毛剤は・・・ >>

抜け毛につながる原因③:間違った頭皮・髪の毛のケア

抜け毛を気にしている人の中には、日頃から頭皮・髪の毛のケアに気を使っている人も多いでしょう。

しかし、間違った頭皮・髪の毛のケアは、抜け毛や異常な毛根を助長させる原因となりかねません。

例えば、肌に合わないシャンプーを使用すると頭皮が荒れて血行不良を起こし、髪の毛の成長に悪影響を及ぼします。

また、朝シャンや自然乾燥なども、頭皮環境を悪化させる要因となるため、このような習慣がある場合は注意が必要です。

健康な毛根を保ち、抜け毛を予防するためにも、正しい頭皮・髪の毛のケアをしましょう。

抜け毛につながる原因④:ストレス

抜け毛 ストレス

抜け毛・薄毛の原因として、よく挙げられるのがストレス。

ストレスが抜け毛の直接的な原因になることはありませんが、抜け毛の起こりやすい環境を作るおそれがあります。

私たちの毛髪を作っている毛母細胞は、毛乳頭と呼ばれる部分が毛細血管から栄養を受け取り、活動しています。

髪が一度抜けても、再び髪が生えてくるのは、この活動が正常におこなわれているからですね。

そのため、ストレスで自律神経が緊張し、血管の収縮が起こると、血行不良になり細胞(毛乳頭)に十分な栄養を送ることができなくなってしまいます。

すると、抜け毛や新たに生えてくる毛髪が弱くなり、薄毛の原因になるわけです。

このようにストレスは血行不良を引き起こしたり、薄毛を助長するおそれがあるため、日頃からストレスをためない生活を心がけましょう。

抜け毛につながる原因⑤:ホルモンバランスの乱れと皮脂の過剰分泌

抜け毛とホルモンは密接に関係しています。

男性の場合は男性ホルモン、女性の場合は女性ホルモンの乱れが薄毛・抜け毛を引き起こす多くの原因となります。

男性の場合

男性ホルモンが多いと体毛は濃くなりますが、頭髪は薄くなる傾向が見られます。性別に関係なく男性ホルモンは持っていますが、男性の方が多く作られるため、抜け毛や薄毛に悩む人が多いとされています。
 
「男性型脱毛症」AGAは、男性ホルモン テストステロンが5αリダクターゼと結びつくことによって、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのが原因で起こります。
 
参考5αリダクターゼというのは、男性ホルモン(テストステロン)を、より強力な男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素です。
 
生成されたジヒドロテストステロン(DHT)は、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつき、脱毛因子(毛乳頭や毛母細胞の活動を抑制する因子)が増加することで髪の毛の正常なサイクルを狂わせてしまうのです。

女性の場合

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、毛乳頭細胞に影響を与えて、髪の毛の成長を抑える効果があります。毛が成長してから抜けるまでの期間が長くなるため、女性は長髪にしやすいわけです。
 
エストロゲンが不足してしまうと、抜け毛が増え、髪質が悪化してパサパサになることがあります。
 
エストロゲンは美しく整った髪の毛を保つために欠かせない存在なのです。
 
一般的に男性より女性の方が女性ホルモンの量が多いため、抜け毛や薄毛になりにくいとされていますが、年齢を重ねるとホルモンの分泌量は減っていきます。
 
そのため、中高年齢層になった女性の中には薄毛で悩む人が増えているのです。女性は閉経すると女性ホルモンが著しく減り、髪の毛が細くなることがあり、抜け毛の量が増えるというよりも見た目が薄毛の状態になります。
 
ホルモンバランスが乱れる原因としては、仕事や家事・育児などのストレス、生活習慣などが挙げられます。2種類の女性ホルモン プロゲステロンとエストロゲンは、約2週間ごとに交互に優位を繰り返すという特徴があります。
 
このバランスが崩れると、頭皮・頭髪に悪影響を与えます。

異常な毛根からの抜け毛の5つの対策とは

抜け毛や異常な毛根を放置し続けると、薄毛は進行し、手遅れになってしまう可能性があります。

  • 抜け毛や異常な毛根が見られた場合、どのように対策すればいいのでしょうか。
  • 抜け毛や異常な毛根はどのようにして予防すればいいのでしょうか。

抜け毛や異常な毛根は、きちんと対策すれば、改善・予防することができます。

健康な髪の毛・毛根を保ち、抜け毛を増やさないための5つの対策方法を見ていきましょう。

抜け毛の対策①:バランスのとれた食事

バランスのとれた食事は、身体の健康のためだけではなく、健康な髪の毛を保つ上でも大切です。

髪の毛も身体の一部なので、栄養が不足していると十分に成長することができず、抜け毛が起こりやすくなります。

とくに、亜鉛やタンパク質、ビタミン類などは髪の毛の成長に欠かせない必要な栄養素となるので、意識して摂取するようにしましょう。

抜け毛の対策②:ストレスをためない

抜け毛・異常な毛根対策のためには、ストレスを溜めない生活を心がけることも重要です。

ストレス解消には、趣味や軽い運動、十分な睡眠をとることがおすすめです。

ストレスが溜まっていると感じる人は、自分に合うストレス解消法を見つけましょう。

抜け毛の対策③:十分な睡眠

抜け毛 多い ハゲない 睡眠

睡眠不足は慢性的な疲労やストレスを引き起こすため、抜け毛・薄毛にとっては大敵です。

厚生労働省が推奨している必要最低限な睡眠時間は6時間程度としているので、この睡眠時間を目安にするとよいでしょう。

また、良質な睡眠をとるために、寝る前のスマートフォンの使用は避け、就寝の時間を一定にしましょう。

どうしても夜に眠る時間がとれないという人は、昼休みなどに30分程度の仮眠をとるのもいいかもしれません。

抜け毛の対策④:適度な運動

適度な運動は、ストレス解消や血行改善に効果があり抜け毛対策の一つになります。

しかし、運動不足なのは分かっていても運動する時間がとれないという人も多いですよね。

ポイントそんな人は、空いた時間にストレッチをしたり、帰りに一駅分歩いてみたりするなど、工夫して手軽に試せる運動から行うといいでしょう。

抜け毛の対策⑤:飲酒・喫煙を控える

抜け毛 多い ハゲない 飲酒

アルコールの代謝には体内の栄養が消費されるため、飲み過ぎは栄養不足につながります。また、内臓の働きも悪くなりますね。

さらに、アルコールの代謝時に発生するアセトアルデヒドは、睡眠障害の原因になります。

また、タバコを吸う人は喫煙によって血管が収縮すると血行が悪くなります。

また、非喫煙者と比べてビタミンを多く消費すると言われているため、ビタミン不足によっても血行不良を引き起こすでしょう。

このように過度な飲酒や喫煙は、毛根の栄養不足や血行不良を引き起こします。

少しでも抜け毛が気になると感じる人は、お酒やタバコの量を少し減らした方がいいかもしれません。

ダメな抜け毛の対策にはチャップアップが正解!

「毛を育てる」

厚生労働省が認めた育毛剤「チャップアップ(CHAPUP)」薄毛、抜け毛、若ハゲ、生え際、頭頂部、つむじ、他育毛剤使用での副作用、AGAなどへの通院はしたくないなどのお悩みがある方は是非、100%無添加・無香料で安心のチャップアップで解決してください。

全額返金保証!永久返金保証書付き 最大32%割引 送料無料

まずは抜け毛の原因を知り、薄毛対策をすることが重要

育毛には時間がかかります。手法により異なりますが、そのほとんどが2年、3年がかりです。

それに対して、抜け毛の本数を減らすことは、適切な対処を行えば数週間でも効果があらわれます。

抜け毛が減ることは、今現在薄毛が進んでいる人にとってはその進行速度を抑えられますし、安定的な状態の方では、結果的に頭髪の総量が増えることにもなるでしょう。

ですので、どちらかといえば「発毛」というよりも、抜け毛を抑えることで結果的に見た目が戻るというのが正しい表現でしょう。

意外と知らない薄毛の原因。実は○○だった!

ストレスで薄毛が進行するという話はよく聞きます。

ストレスと薄毛の関係性、もちろんゼロではないです。ストレスが原因となって円形脱毛症が起きることもだれもが知ってる事実です。

ただ、実は薄毛の原因が直接ストレスであるかどうかは様々な要素が絡み合っているので、医学的にも明確に証明されているわけではないのです。

今現在分かっていることは、男性ホルモンが関わっているということですね。

薄毛 多い ハゲない 男性ホルモン

AGAは毛乳頭や皮脂腺にある「5aリダクターゼ」という酵素が男性ホルモンの一種であるテストステロンと結合してDTHというホルモンになって、これが毛根の根元にある毛母細胞の発毛活動を邪魔していることが原因となっていると考えられています。

人間はストレスの高い状況下では代謝機能が低下、血流が悪くなります。当然ながら頭皮でも前頭部や頭頂部の血流が悪くなってしまいます。

すると体は血流量を増やそうとするために、その働きをもつテストステロンの分泌を促進させます。

その結果、5aリアクターゼと結びつくDHTも増加することになってしまい、薄毛が進んでしまうという具合です。

こう考えるとストレスのある環境に積極的に身を置きたくないというのも頷けますね。

ここで言えるのは一般的に思われているストレスが直接薄毛を招くわけではなく、あくまでも二次的な作用だということです。

育毛と薄毛対策の正しい知識を持とう!

一度薄毛になってしまうと、薄毛を改善することは不可能だと思う人もいますが決してそんなことはありません。

薄毛を改善すること、それが育毛と呼ばれる対策です。育毛とは文字どおり毛を育てることですね。

例えば毛が細くなってきたと感じたら、毛根へ十分な栄養素を与えるため育毛剤を使用するなど、頭皮に活発な毛を取り戻すための行動が必要です。

また、育毛剤を使うだけではなく、体内部の環境を整えて血流を促すために生活習慣を整えたり、専門機関で治療・診断してもらったり、睡眠を改善したり、さまざまな方法や手段があります。

抜け毛が増える、これやっちゃダメ!

  • ドライヤーやヘアアイロンの使いすぎ

    ドライヤーやヘアアイロンの熱は髪の毛のタンパク質を破壊し、頭皮を痛める原因となります。結果として水分バランスが崩れて、髪の毛が抜けやすくなってしまうのです。

    ドライヤーやヘアアイロンの使用はなるべく控えて、多くても週に2、3回にとどめるのが髪のことを思えばベターですね。それでも必要な方は、できるかぎり高温の設定は避けることが望ましいです。

  • 間違ったブラッシングが抜け毛を増やしている

    適切なブラッシングは頭皮を刺激して髪の毛の健康を促進するのでいいのですが、方法を誤ると全くの逆効果になります。

    ブラシが髪の毛に引っ掛かるようなとかし方は禁物ですね。頭皮や髪の毛を痛めるばかりか、これが抜け毛や薄毛につながります。

    ポイントコツとしてはブラッシングを3段階に分けること。まず毛先にブラシを通し、次により根元に近い部分へ。最後に根元から全体に通すというのが正しいブラッシング法なのです。

育毛に関する悪習慣を知ろう!

育毛に関する悪習慣

過度の飲酒・喫煙

喫煙は、タバコに含まれているニコチンが血行を阻害し薄毛の進行を早めます。タバコを吸っていても髪がフサフサな人もいますが、そういう人は何をしてもハゲない体質の人なだけです。

少しでも薄毛になりやすい体質の方にとっては喫煙は薄毛の直接の原因になりかねません。

タバコを吸うたびに血流は悪くなり、髪に栄養が行き渡らなくなります。喫煙を控えることで髪の毛をいたわり、薄毛にならない努力をしてみてはいかがでしょうか。

アルコールについては、適度な量であれば逆に血行を促進するともいわれていますが、飲み過ぎは内臓の働きが悪くなり抜け毛につながります。

たまに飲み過ぎたくらいでは髪にはさほど影響を及ぼしませんが、問題は過度の飲酒が日常的に続くことであり、その場合には髪の毛にじわじわと悪影響が出てきます。

髪の毛のためには、自分の適量を知ってほどほどにしましょう。

まとめ

チャップアップ専門家
抜け毛が多くてもハゲない理由は、セーフな抜け毛とダメな抜け毛があるからということでした。ダメな抜け毛を増やさないためにも、育毛剤を利用したり、正しい知識を知って薄毛対策をしていくことが重要ですね!このページが抜け毛で悩む人の参考になれば嬉しいです。

ダメな抜け毛を増やさないための育毛剤「チャップアップ」はこちら >>

-抜け毛 多い ハゲない

Copyright© 知らないと損!チャップアップの効果を劇的に向上させる方法まとめ , 2018 All Rights Reserved.