チャップアップの効果ってどうなの?本当に効果があるの?って不安に思っている人のために、このページではチャップアップの効果とその効果を劇的に向上させる方法を紹介していきますね!

知らないと損!チャップアップの効果を劇的に向上させる方法まとめ

シャンプー ハゲる 嘘

シャンプー ハゲる 嘘

「シャンプーでハゲる」のは嘘?ハゲを改善したい人には注目の真実!

更新日:

「シャンプーでハゲる」のは嘘?ハゲを改善したい人には注目の真実!

チャップアップ専門家
シャンプーするとハゲるっていうのは嘘なのでしょうか?「シャンプーするとハゲる」って都市伝説の様な話がありますが、真実を確かめてみました!

シャンプーには界面活性剤が使われています。むしろ界面活性剤が使われていないシャンプーは存在しません。

この界面活性剤には何種類かあって正しく使い分ければハゲることはないのです。

男性型脱毛症 いわゆるAGAは、そのメカニズムから遺伝による要因が大きく、薄毛人口の9割が遺伝とも言われています。

そのためシャンプーが原因でハゲてしまうというのは、ちょっと言い過ぎかもしれません。

しかし、遺伝による薄毛進行をシャンプーが手助けしている可能性は否定できないですね。

つまり、シャンプーの使い方によっては薄毛が進行している人のハゲるスピードを速めてしまうということです。

大切なのは、薄毛(AGA)の進行を遅らせる最適なシャンプーを選ぶということですね。

薄毛(AGA)の進行を遅らせる最適なシャンプーはコレ!>>

シャンプー自体、髪に良くないの?

シャンプー自体、髪によくない・薄毛の原因になると言われる一番の要因は、多くの人が頭皮や髪に悪いとされる、「高級アルコール系シャンプー」を使用しているからですね。

「高級アルコール系シャンプー」(石油系とも言います)には、代表的な成分として次の2種類があります。

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム

これらの成分は洗浄力が非常に高く泡立ちもいいんです。

一方でその洗浄力が高すぎるため、頭皮の必要な皮脂までも奪ってしまい、それを補おうと皮脂が過剰に分泌されるため、頭皮が荒れて抜け毛が増え、薄毛を進行させてしまうのです。

シャンプーの石油系界面活性剤は悪者なのか?

シャンプー ハゲる 嘘

市販のシャンプーで主に使われているのは「石油系(高級アルコール系)」ですね。

石油系は洗浄力が非常に高くて泡立ちもいいのですが、その高い洗浄力と、必要以上に皮脂を奪い取ってしまう力が強いために頭皮のバランスがくずれ、薄毛をさらに進めてしまいます。

そういった理由でも、薄毛で悩んでる人には良くないとされています。

薄毛で悩んでる人には「アミノ酸」系がおすすめです。正確には「アミノ酸系界面活性剤シャンプー」です。

しかし頭皮に優しい分だけ、洗浄力はやや落ちます。

石油系界面活性剤は、髪が健康な人には洗浄力の高さと豊かな泡立ちでおすすめすることができますが、髪の状態によってうまく使い分けることが大事ですね。

薄毛の方におすすめのチャップアップシャンプーはアミノ酸系成分を使った髪に優しいシャンプーです。

アミノ酸系成分を使った髪に優しいチャップアップシャンプー

育毛シャンプー生えない訴求

厚生労働省が認めた育毛シャンプー「チャップアップ(CHAPUP)」薄毛、抜け毛、若ハゲ、生え際、頭頂部、つむじ、他育毛剤使用での副作用、AGAなどへの通院はしたくないなどのお悩みがある方は是非、100%無添加・無香料で安心のチャップアップで解決してください。

全額返金保証!永久返金保証書付き 最大32%割引 送料無料

一度生えた髪が、細くなることはないってほんと?

髪がダメージを受けると、何となくやせ細るようなイメージがありませんか。

髪についたシャンプーの成分が髪にダメージを与えると、

  • 枝毛
  • 切れ毛
  • 艶コシが弱くなる

ことは起こる可能性があります。

しかし、太かった髪が細くなることはありません。

毛髪は「ヘアサイクル」によって、成長を続けて抜けるという周期を繰り返すのです。

薄毛から頭皮を守るために、界面活性剤シャンプーの成分を熟知しよう!

洗浄用の界面活性剤にはだいたい11種類のものがあります。

シャンプーの他にも洗剤、化粧品などに使われていますが、シャンプーに使われるのは11種類ある中で大きくわけると4種類。

  • 天然由来のシャンプー
  • 石けん系シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー
  • 高級アルコール系シャンプー

シャンプーの界面活性剤は肌にあまりよくないイメージをもたれがちですが、本当にそうなのでしょうか。

シャンプーの界面活性剤の種類や特性をしっかり理解して自分の髪に合った安全なシャンプーを選びましょう。

天然由来のシャンプー

界面活性剤は合成のものだけではありません。自然界に存在する界面活性剤もあります。

大豆やヘチマに含まれるサポニンや卵黄に含まれるレシチンは有名ですね。

牛乳のカゼイン(たんぱく質)もそうです。

天然由来の界面活性剤が使用されるシャンプーは非常に少ないです。

石けん系シャンプー

ヤシ油などの天然の油脂に苛性ソーダを反応させると出来る

  • ラウリン酸ナトリウム
  • オレイン酸ナトリウム
  • ステアリン酸ナトリウム

が石けん系界面活性剤です。

天然に近い成分なので、薄毛でも使うことが出来ますが、石けんはアルカリ性で頭皮は弱酸性なので炎症があったり皮膚が極端に弱い場合は控えた方がいいでしょう。

弱点

  • 髪がきしむ
  • 石けんカスが残る

といった弱点もあります。

アミノ酸系シャンプー

低刺激で、適度な洗浄力と脱脂力があり、髪をしなやかなに洗い上げます。

アミノ酸はタンパク質の原料となるものなので、髪を傷つけずに洗浄できる優秀な界面活性剤です。

主な成分は

  • ラウロイルアスパラギン酸ナトリウム
  • ココイルグルタミン酸ナトリウム

おすすめおすすめのチャップアップシャンプーにも使われています。

あと

  • ココイルメチルタウリンナトリウム
  • ラウロイルメチルタウリンナトリウム
  • ラウロイルメチルアラニンナトリウム
  • ココイルメチルアラニンナトリウム
  • ラウラミノプロピオン酸ナトリウム

などがあります。

頭皮に対する刺激がないので薄毛でも安心して使えます。

高級アルコール系シャンプー

市販のシャンプーのほとんどがこれを使用しています。

分子に含まれる炭素原子数が12程度のアルコールを高級アルコールと呼んでいます。

高級と名がつくのでなんとなく薄毛に効果がありそうですが、むしろ薄毛に危ないのが、この高級アルコール系の界面活性剤なのです。

代表的なものは、

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウリル硫酸TEA
  • ラウレス硫酸アンモニウム

です。

洗浄力、脱脂力が非常に強いため頭皮を洗浄するという用途において優れた性質ではあるのですが、デメリットとして頭皮への刺激が強すぎるのです。

頭皮が荒れて抜け毛が増え、薄毛を進行させてしまうのです。

分子が小さいラウリル硫酸Naは、毛穴から肌へ浸透するため経皮毒の危険性すらあるといいます。

なるほど

経皮毒:日常使われる製品を通じて、皮膚から有害性のある化学物質が吸収されること

実はこの高級アルコール系界面活性剤は薄毛用育毛シャンプーに含まれていた時期もありました。

強い洗浄力、脱脂力というメリットの部分だけがクローズアップされていたんですね。

界面活性剤シャンプーの成分 まとめ

シャンプーに使われている界面活性剤には、薄毛に対して効果のあるものと、そうでないものがあります。

頭皮をしっかり洗浄してくれて汚れを落としてくれるものもあれば、刺激が強すぎて薄毛を進行させてしまうものもあります。

薄毛対策には、低刺激で、適度な洗浄力の界面活性剤であるアミノ酸系がおすすめです。

低刺激で、適度な洗浄力の界面活性剤であるアミノ酸系シャンプーはコレ >>

チャップアップシャンプーなら髪に影響がないってほんと?

チャップアッブシャンプーは髪に優しいアミノ酸系シャンプーです。

一般的なアミノ酸系シャンプーと言われているものには、石油系洗浄剤が混ざっていることも多いです。

石油系洗浄剤は洗浄力、脱脂力に優れていますが反面、刺激が強く髪に与える影響も大きいです。

チャップアップシャンプーは石油系洗浄剤を一切使用していませんので髪に影響がなく、安心して使用できます。

    5種類のアミノ酸系・植物系洗浄成分のみで実現した絶妙な配合

  • コカミドプロピルベタイン
  • ココイルグルタミン酸2ナトリウム
  • ラウロイルアスパラギン酸ナトリウム
  • ココイルトレオニンナトリウム
  • ココイルグルタミン酸ナトリウム

アミノ酸系成分を使った髪に優しいチャップアップシャンプー

育毛シャンプー生えない訴求

厚生労働省が認めた育毛シャンプー「チャップアップ(CHAPUP)」薄毛、抜け毛、若ハゲ、生え際、頭頂部、つむじ、他育毛剤使用での副作用、AGAなどへの通院はしたくないなどのお悩みがある方は是非、100%無添加・無香料で安心のチャップアップで解決してください。

全額返金保証!永久返金保証書付き 最大32%割引 送料無料

朝にシャンプーするとハゲるっていうのは本当?

シャンプー ハゲる 嘘 朝シャン

夜に頭皮を洗って、翌朝も洗う人がいます。

いわゆる朝シャン。

朝にシャンプーをするとハゲるっていうのは本当でしょうか。

夜も朝も頭皮を洗ってしまうと皮脂が必要以上に落ちることがあります。

すると、それを補おうとまた皮脂が過剰に分泌されるため、頭皮が荒れて抜け毛が増え、薄毛を進行させてしまうのです。

過度にシャンプーするのは、頭皮の健康を守るためにもやめたほうがいいですね。

皮脂が毛根をふさいでしまう

皮脂が毛根、毛穴をふさいでハゲの原因になるとよく言われています。

そもそも皮脂が多く出ると毛穴は皮脂を出すために開きます。

皮脂が多いからハゲるのではなくて、本当はハゲている人が皮脂の分泌が多いのです。

皮脂の分泌を抑え、頭皮の環境を整えるためにも適切なシャンプーを正しく使っていくことが大切ですね。

皮脂が毛穴をふさぐことはない

皮脂がたくさん出ると、その分だけ皮脂腺が活発になって皮脂が出る「出口」も広がります。

つまり毛穴は皮脂を出すために開くのです。毛穴が詰まると言うことはありません。

開いた毛穴をケアすることが大切で、上手くシャンプーを使って頭皮を清潔にしましょう。

洗いすぎて紫外線ダメージを受ける

髪を洗いすぎると庇護膜(ひごまく)という紫外線をブロックする膜が洗い流されてしまいます。

その状態で外出すると、紫外線のダメージにより髪を成長させる「毛母細胞」の働きを低下させるため薄毛になると言われています。

同じシャンプーをするのも、できるだけ髪に優しいシャンプーを使っていきたいです。

はげる原因の多くは生活習慣の乱れ

はげる原因は

  • 老化
  • 食生活の偏り
  • 喫煙
  • ストレス

など人それぞれですが、生活習慣の乱れは、はげる原因として多いですね。

生活習慣が乱れてしまうことで、ホルモンバランスが崩れてしまい、その結果 男性ホルモンの分泌が過剰になり、ヘアサイクルが乱れて薄毛が進行します。

改善するためには、ホルモンバランスを安定させるために、生活習慣を規則正しくするように心がけることや、ストレスの改善をすることが重要です。

昔は数ヶ月に1回しか髪を洗わなかった

シャンプー ハゲる 嘘 洗わない

昔は今みたいに頻繁に髪を洗う習慣もなかったですし、皮脂をしっかり落とせる界面活性剤もありませんでした。

シャンプーが登場する以前は、単に水で流すだけだったそうです。

洗髪の頻度も数か月に1回ほどでこれらの方法では当然、シャンプーを使った時ほど皮脂は落ちません。

昔の人は今の人よりも相当皮脂が多い状態で生活していたことになります。

皮脂が原因で薄毛になるとよく言われてますが、そうであるなら昔の人は薄毛の人ばかりだったでしょう。

ほとんど髪を洗わないのにフサフサの人

例えば、作家の五木寛之さんですが、彼はほとんど髪を洗わないそうです。

年に2回しか髪を洗わない時もあったそうですが、加齢臭が気になりだしたので2か月に一度は洗うようになったそうです。

それでも圧倒的に一般の人と比べれば、髪を洗う頻度は少ないですね。

それにもかかわらず、髪の毛はフサフサですね。お歳も80近いそうですが。

ですので、よく言われる

「皮脂が多いからはげる」というのは、間違っています。嘘と言えるでしょう。

皮脂が多いからハゲるのではなく、ハゲる人は皮脂が多い

皮脂が多いと薄毛になってしまうのではなく、むしろ逆でハゲだから頭皮が脂性になるのですね。

薄毛AGAを促進する物質は男性ホルモンのテストステロンが変化したジヒドロテストステロン(DHT)だということがわかっています。

このジヒドロテストステロン(DHT)が頭皮の毛母細胞に作られることで、ヘアサイクルが乱れて薄毛になってしまいます。

このDHTは薄毛を進行させるだけではなく、

  • 体毛を濃くする
  • ニキビを作る
  • 皮脂の分泌を増やす

などの作用があることが知られています。

(こんな風に悪さばかりをするので、DHTは「悪玉」男性ホルモンなんて呼ばれています)

つまり、ハゲている人が皮脂の分泌が多いと言うことなんですね。

まとめ

チャップアップ専門家
シャンプーでハゲるのは嘘では無いようです。ただ、それだけが原因では無かったですね。シャンプーも成分を把握して上手に使っていけば薄毛を軽減できるようです。薄毛の人はアミノ酸系の髪に優しいシャンプーを使いましょう!

低刺激で、適度な洗浄力の界面活性剤であるアミノ酸系シャンプーはコレ >>

 

-シャンプー ハゲる 嘘

Copyright© 知らないと損!チャップアップの効果を劇的に向上させる方法まとめ , 2018 All Rights Reserved.